フラット35審査と団信について

団信とは団体信用生命保険の通称で、長期に渡る住宅ローン返済の途中で借り主に万が一の事態が発生した場合に、ローン残高を保険会社が肩代わりしてくれるという保険です。
民間の住宅ローンの場合、団信の加入は必須な銀行がほとんどで健康上の理由などで団信に加入できない場合は審査が通らないと考えて良いほどです。
又、費用に関しては無料(表面上であって、実際には利子に算入されることがあります)なので、借り手が負担に感じることはありません。
一方、フラット35の場合は一部の銀行を除いて団信の加入はオプションになっています。
オプションで申し込んだ場合、団信にかかる費用は借入額1000万円に付き35、800円で、年に一度一括で請求されます。
1000万円で家は建ちませんから、3000万円、4000万円と借り入れた場合、一度に請求される事を考えると負担がかなり大きいので加入しない人も多いようです。