フラット35Sの耐震性や省エネルギー性とは?

フラット35とは、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して行っている長期固定金利住宅ローンです。
フラット35は、長期(最長35年)に渡ってずっと金利が変わらない事はもとより、保証料0円、繰上返済手数料0円等といったメリットがありますので、住宅を建設、あるいは購入する際の心強い味方となります。
但し、利用する為には、該当する住宅が住宅金融支援機構の定める技術基準を満たしていなければなりません。
フラット35の基準を満たしつつ、更に省エネルギー性や耐震性等の基準を満たしている住宅の場合は、フラット35の借入金利を一定期間引き下げる制度であるフラット35Sを利用できます。
具体的な基準とは、通称トップランナー基準と呼ばれるエネルギーの使用の合理化に関する法律に基づく住宅事業主の判断の基準、認定低炭素住宅、長期優良住宅、耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)3、高齢者等配慮対策等級4以上(共同住宅の専用部分は等級3でも可)です。
この中の、いずれかの基準を満たしていれば、新築住宅の建設もしくは購入、及び中古住宅の購入の際にフラット35Sを利用する事ができます。
http://xn--35-9i4aua7d9fs40x1owg.skr.jp/