保険が利用できる包茎手術ってあるのでしょうか?

保険の適用される包茎手術はあることはありますが、適用される包茎の方ははかなり低い確率となります。
何故かと言うと、病気でないと適用がされないからです。
病気と認定されるには、完全な真性包茎である事。
そして、包茎が原因でペニスや泌尿器系に以上があり、治療には包茎を治すしか方法が無い場合、包茎手術が行われます。
このケースの包茎手術は保険適用となります。

真性包茎は手術で皮を切除するしか亀頭を露出させる方法がありません。
そして、病気の原因は亀頭と皮の隙間に恥垢が溜まり、これが原因で病気を引き起こします。
なので病気の治療には恥垢を洗浄し、今後恥垢が溜まる事無いように常に亀頭を露出させる必要があるからです。
これ以外のパターンの仮性包茎は、特に異常なペニスとは認められていません。
通常時や勃起時にも亀頭が完全露出しないので仮性包茎と呼ばれるのですが、手で剥けば亀頭を露出させる事が出来るので、恥垢の洗浄は可能なので、病気の原因は無い!だから、仮性包茎の方が包茎手術で亀頭を露出させる行為は、美容行為としてみなされるのです。
通常、美容外科は自由診療で保険の適用外ですから、仮性包茎の方の包茎手術も美容整形と同じであり保険適用されません。
保険を適用して包茎手術を行える方はかなり少ない状況である事を理解して頂けたと思います。