プロバイダを比較するときには帯域規制にも着目しよう!

インターネットを利用する上で、プロバイダを選ぶことが必要になります。
数多くのプロバイダがある中で、一番ストレスを感じることなくインターネット作業ができる環境が一番理想なのですが、プロバイダによっては、何らかの規制があって一部の機能が利用できないこともあります。

一番チェックしなければいけないのは「帯域制限(たいいきせいげん)」です。
一部のヘビーユーザーに関して、帯域を狭くして規制をかけることを「帯域制限」といいます。
どんなプロバイダでもこの帯域制限を採用しています。
利用者間で大容量でのデータのやりとりが瞬時に集中して行われることがありますので、帯域制限が発動されることがあります。
プロバイダの中では、P2Pの規制は文言化していないけれど総転送量の規制を今日かしているところもあります。
ごくごく一部のプロバイダになりますが、帯域制限の規制がない、通信が集中した場合でも通信速度が落ちないという高品質のプロバイダもあります転送量規制もほとんどなく、ストレスフリーで大容量通信を行うことができると言われています。