アルバイト・フリーターでも住宅ローンが組める?

初めて住宅ローンを組む人にとって、審査に落とされる基準は分かりづらいものです。
そこで簡単にポイントをまとめると「年収の多さ」が重要となります。
やはり高額なマイホームを買うわけですから、それなりの返済能力を見られるわけですね。
そのため審査落ちた理由として「年収」が挙げられるのは、以上の理由からです。
では継続的に仕事をしているアルバイトやフリーターの人は、住宅ローンを組んでもらえないのでしょうか?近年ではそうした人たちが利用できるように、審査基準が緩くなってきた会社が複数あります。
特に楽天銀行のフラット35はそうした人たちを応援する銀行として有名なので、住宅ローンを借りたいアルバイトの人やフリーターの人は、一度楽天銀行のフラット35を見当してみると良いでしょう。