住宅ローン金利は借りる人によって異なる?

住宅ローン金利は、借りる人によって異なると言いますが本当でしょうか。
金融機関によっては表面金利と優遇金利という、借りる人によって優遇幅の範囲で金利が上下する制度を取り入れており、その場合貸出金利が借りる人によって異なります。
それは交渉で変わるものではなく、金融機関のリスクが低いと判断した顧客について適用するものです。
金融機関の住宅ローン金利の審査を通る顧客の中でも当然リスクの低い顧客と高い顧客の幅はあり、貸し出す方としては一律の住宅ローン金利の金利で貸すのは合理的ではありません。
従ってリスクの度合いによって優遇幅を上下してバランスを取っています。
優遇の基準については金融機関により異なるので、一つの金融機関で優遇幅が少なくても他の金融機関であたってみることも必要です。
住宅ローン審査基準甘い銀行は?通りやすい!【勤続年数と年収】