シュミレーションなしの住宅ローンは危険?

住宅ローンは非常に長期間のローンになりますので事前の計画が大切です。
きちんとシュミレーションを立てて臨まないと生活環境の変化があった時に対応できません。
一般的に年収の3割程度に留めるべきだと言われていますが、これを超えることも事情によっては可能です。
もちろん親からの贈与が確実で約束されていたりする場合の話です。
これに対し、自分の収入が不確定である場合は、年収の3割でも危険であり2割とか1割のレベルまで落とすべきでしょう。
住宅ローンは一旦スタートするとやめることができません。
最初のシュミレーションがすべてを決めると言っても過言ではありません。
住宅ローンの契約書に押印して念願のマイホームを取得する前にひと仕事です。
住宅ローンシュミレーション!金利・手数料比較!【借り換えは?】