顔の紫外線対策でシミのない肌へ

紫外線対策で最も力をいれる体の部位として挙げられるのは、何といっても顔!多くの人が顔の紫外線対策として行っているのが、日焼け止めクリームや日焼け止め効果のある化粧下地などを利用することです。
顔は体のほかの部位の皮膚とは違い、常に露出されている部位であるためよりしっかりとした紫外線対策が必要なのですが、反面皮膚が薄くデリケートな部位であるために、顔専用のものや反射剤や吸収剤が入っていない皮膚に優しい低刺激タイプのものを選ぶ必要があります。
また、こうした日焼け止めクリームなどを利用する方法のほかに、日傘や帽子、サングラスを利用して対策をとるのもとても効果的です。
しかしこうした万全の対策をとっていても、実は目からも紫外線を吸収してしまい、それがシミなどの原因となることも。
目からの紫外線吸収を防ぐためには、UVカット機能のあるサングラスを着用することも重要です。